修正依頼



葦北(芦北)

あしきたぐん・まち【熊本県】


[葦北(芦北)]
古代からの郡名「葦北郡」、「和名抄」は肥後国「阿之木多(あしきた)」郡と訓じている。「日本書紀」には、「葦北より発船(ふなだち)して」とある。郡名は、「アシ(崖地)・キタ(キダ。刻)」で「海岸段丘」の意とする説、「アシ」は険しきで、薩摩街道の三太郎峠(赤松太郎峠、佐敷太郎峠、津奈木太郎峠)の北に位置する郡とする説などがあるという。『芦北町』古代、西海道の駅家があった水陸交通の要衝、江戸期、薩摩街道の宿場町として発展。町名は、郡名からの借用。うたせ船による漁が知られる。甘夏みかんやデコポンの産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する