修正依頼



朝倉

あさくらし【福岡県】


[朝倉]
朝倉橘広庭宮跡、大宰府の朝倉ノ関の地。江戸期、豊前街道と日田街道が交差する交通の要衝。「朝倉(評)」は、古代以来の地名、「和名抄」は、「(カミツ・シモツ)安佐久良」と訓じている。「あさくら」は、東に山があって日の出が遅いことから「朝闇(あさくら)」と称したとする説、「アサ(太陽の昇る地)・クラ(神座)」(神の朝の座)の意とする説、筑後川沿いの小さい谷を「浅谷(アサクラ)」と称したとする説、行宮・橘広庭宮が校倉造りであったことから「校倉」が訛ったとする説などがある。「堀川用水路水車群」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する