修正依頼



阿久根

あくねし【鹿児島県】


[阿久根]
高松川河口の天草灘に面した市。平安期、「英袮(あくね)院(郷)」と称し、英袮氏が統治した地。鎌倉期には「莫祢(氏)」とも表記し、1451年、莫祢氏(九代良忠)が「阿久根」に改称。市名は、魚礁がある好魚場から「アコ(飛魚)・ネ(礁)」の転とする説、「アク(低湿地)の畔」の意とする説ほか、諸説ある。ボンタンの産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する