修正依頼



あかむら【福岡県】


[赤]
英彦山を源流とした今川流域に位置する村。「和名抄」に見える田河郡雉怡郷の比定地。奈良期に見える「我鹿屯倉」、鎌倉期、豊前国田川郡「赤荘」。上古、吾勝命が天降りたことから吾勝山の東麓一帯を吾勝野(あがつの)と呼び、のち北部を「我鹿(阿柯。あか)」、南部を「津野」と称するようになったとする説があり、貞観年間頃より、清和天皇の「光明赫々(こうみょうかくかく)・・」という言葉から「赤」の字を用いたという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する