修正依頼



甲斐姫

かいひめ


[甲斐姫]
1572頃-没年不詳
北条氏家臣・成田氏家の長女。氏家には男子がなかったために三人の娘の長女である甲斐姫は学問・兵術・武術を教え込まれたという。豊臣秀吉の小田原攻めの際には、小田原城に詰めて不在の父に代わって忍城を、二人の妹と共に奮戦して秀吉軍の攻めから守り通したという。その後、秀吉の側室となったが、関ヶ原後の豊臣家滅亡の際には大阪城を脱出し、鎌倉の東慶寺に入って尼となったという。