修正依頼



八頭

やずぐん・ちょう【鳥取県】


[八頭]
1896年、八上(やかみ)郡、八東(やつとう)郡、智頭(ちず)郡が合併して誕生した郡名、合成地名。『八上郡』は古代からの郡名、「和名抄」は因幡国「夜加美(やかみ)」郡と訓注す。古事記にある八上比売(やかみひめ)伝説による説、河川の上流域の意・「ヤ(土地)・カミ(上流)」とする説、「ヤ(多数)・カミ(神)」とする説などがある。『八東郡』は平安後期に八上郡を分割して誕生した郡名。八上郡の東部の意。『智頭郡』は古代からの郡名、「和名抄」は因幡国「知豆(ちつ、ちづ)」郡と訓注す。元来、千代川上流の河谷(頭)を表した地名とする説、日本書紀に智頭郡「道俣(みちまた)駅」が見えることから、道の合流するところ、又は因幡国に入る最初の郡の意・「道頭(ちづ)」からとする説などがある。『八頭町』2005年、八頭郡郡家町、船岡町、八東町の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、住民アンケートを実施した後、協議会で決定。郡名を採用。他の候補には「因幡」・「扇野」・「須賀野」などがあった。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する