修正依頼



三次

みよしし【広島県】


[三次]
古代、鉄の一大生産地。中国地方有数の古墳密集地。江戸期、三次藩。市名は、古代からの郡名「三次郡」から、「和名抄」は、備後国「美与之(みよし)」郡と訓じている。また「延喜式」には「みすき」の訓も見える。「みよし」は三川合流地で葦の自生地とする説、「水寄し」の意で「川の合流点」とする説がある。また、水滝の落ち合う村・「水村(みすき)」が「みよし」に転じた説、当郡に上次、播次、下次の三郷があることから「次」は「宿る」の義とする説などもあるという。「三次人形」、江の川流域の「鵜飼漁」、川霧が立ちこめる「霧の海」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する