修正依頼



斐川

ひかわちょう【島根県】


[斐川]
日本神話にある八岐大蛇(やまたのおろち)伝説の故地。1955年、簸川郡荘原村、出西村、伊波野村、直江村、久木村、出東村の合併により誕生した村名→町名。「斐川」は、当地を流れる「斐伊川(ひいかわ)」に因む地名。「斐伊川」は「ヒ(緋。鉄)の川」の意とする説があり、古くから上流で砂鉄の採取、鉄穴流し(かんなながし)が行なわれた川。又は、出雲の大川と呼ばれ、古事記には「肥河(ひのかわ)」と見える、「肥えた川」の意か、天井川として知られる。築地松が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する