修正依頼



早島

はやしまちょう【岡山県】


[早島]
江戸期、「旗本の陣屋まち」・「金毘羅往来のまち」として栄えた地。かつて吉備の穴海に浮かぶ一つの島であったが、平安中期頃から島の一部で干拓が始まり、本州と陸続きとなった。鎌倉期には見える備中国都宇郡のうち「隼島荘」。のち「早島」。瀬戸の流れが急であったことから起こったという説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する