修正依頼



知夫

ちぶむら【島根県】


[知夫]
「和名抄」に見える隠岐国知夫(訓注なし)郡由良郷の故地。隠岐諸島南端の知夫里島全域を村域とする村で、村名は、古代以来の島名「知夫里(ちぶり)」による。古くは「知布利」・「知夫利」とも書いた。本土との往来に必ず寄港した島で、道路の神・道触神(みちぶりのかみ)を奉祀したことから「知夫里」の称が生まれたという説がある。郡名は、「ちぶり」→明治以降に「ちぶ」と呼んだ。巨大な酸化鉄を帯びた岩・知夫赤壁が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する