修正依頼



智頭

ちづちょう【鳥取県】


[智頭]
古代の智頭枕田遺跡が残る地。古くから因幡街道と備前街道が合流する交通の要衝地、「智頭宿」の中心部に位置した地。町名は古代からの郡名「智頭郡」から。「和名抄」は因幡国「知豆(ちつ、ちづ)」郡と訓注す。元来、千代川上流の河谷(頭)を表した地名とする説、日本書紀に智頭郡「道俣(みちまた)駅」が見えることから、道の合流するところ又は因幡国に入る最初の郡の意・「道頭(ちづ)」からとする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する