修正依頼



高梁

たかはしし【岡山県】


[高梁]
吉備高原上の丘陵地に位置する市。江戸期、備中松山藩・成羽藩の城下町。古くは「高橋」と呼ぶ時代があったとされ、南北朝争乱期ごろから旧藩時代には「松山」と呼ばれ(高橋村とも見える)、明治初年に古称「高橋」に改称、その際に雅字「梁」を採用。「高橋」は名義不詳だが、中世備中松山城主高橋氏(経氏の庶流か)の名が見える。「松山」は南北朝争乱の頃、高橋又四郎が居城の由、「高橋」を改め、山の名を採って「松山」を城下の名としたという。「松山」は、松の生い茂ったところとする説があり、城主の姓「高橋」を避けるために改称したとされている。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する