修正依頼



周防大島

すおうおおしまちょう【山口県】


[周防大島]
古くから海上交通の要衝。瀬戸内海に浮かぶ周防大島(正式名・屋代島)と周囲の島々から成る町。2004年、大島郡大島町、久賀町、橘町、東和町の合併の際、全国公募の結果を踏まえて協議会での投票により決定。他の候補には「しあわせ」・「新大島」などがあった。「大島(郡)」は、古代からの郡名で、屋代島を中心とする島々を区域とした。「和名抄」は、周防国「於保之末(おほしま)」郡と訓じている。「大洲(おほしま)」とも書いた。屋代島を周防国の「大きな島(中心の島)」とする説がある。「周防(すほう)国」は、山口県の東南部の旧国名。「和名抄」は「須波宇(すはう)」と訓じている。「周芳」とも書いた。一説に、熊毛郡周防郷より発したとする説がある。「スハウ」は名義不詳。古代地形語から、「スハ(谷、崖)」や「ソハ(崖の側。斜面)」の転とする説があるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する