修正依頼



勝央

しょうおうちょう【岡山県】


[勝央]
1954年、勝間田町、植月村、吉野村、古吉野村、高取村の合併により誕生した町名。勝田郡の中心・中枢の意。「勝田郡」は古代からの郡名。「延喜式」は「カツタ」、「和名抄」は美作国「加豆万多(かつまた)」郡、郷名は勝田(加都多)と訓を付す。郡名は、倭建命がその玉カツマ(櫛の古名)を落としたことに由来する伝説がある。また、「数又」の意で、数々の河谷(又)が合って田が広がるところとする説もある。黒大豆の栽培地、坂田金時終焉の地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する