修正依頼



下関

しものせきし【山口県】


[下関]
古くから海交通の要衝で、関門海峡の寄港地として発展した地。源平合戦や明治維新の舞台。平安期には見える地名・長門国豊浦郡「下関」。「下関」は周防国熊毛郡竃戸関を「上関」とし、その対として長門国豊浦郡赤間関の称で、都に近いほうを「上」とした。「関」は、通行人や船舶の取締りなどを行った番所。なお、中関(現・防府市)とともに周防灘三海関と呼ばれた。宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われた巌流島(船島)、「ふぐ」・「アンコウ」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する