修正依頼



山陽小野田

さんようおのだし【山口県】


[山陽小野田]
2005年、小野田市と厚狭郡山陽町の合併により誕生した市名、合成地名。他の候補には「長陽」・「小野田山陽」・「厚狭」などがあった。「小野田」は、もと厚狭郡須恵(すえ)村が改称、変遷を経て→町名→市名。小さな田の意で、山間に浴田が点在した地形による説がある。「山陽町」は、山陽道の宿場・分岐駅であった地、1956年、厚狭町と埴生町が合併して誕生した町名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する