修正依頼



西伯

さいはくぐん【鳥取県】


[西伯]
1896年、伯耆(ほうき)国汗入(あせり)郡、会見(おうみ)郡が合併して発足。伯耆国の西半に位置することに因む郡名。「伯耆国」は、鳥取県中西部の旧国名。「和名抄」は「波々伎(ははき)」と訓じている。「伯伎」・「伯岐」とも書き、「伯州」とも呼ぶ。「伯耆国風土記」にある、稲田姫がヤマタノオロチから山中に逃れ、母が遅れて来たので「母来ませ、母来ませ」といったことから「母来(ははき)の国」と名付けたとする説、「ハ(端)・ハキ(崖)」からで崩れやすい溶岩地形などを示す説、古代にたたら製鉄などで火力を強めるために用いた送風装置・「鞴(ふいご)」の古称「ハフキ、ハフサ」からとする説ほか、諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する