修正依頼



倉吉

くらよしし【鳥取県】


[倉吉]
古代、伯耆国の国府があった地。南北朝期、山名氏が打吹山に築城、城下町として発展。「倉吉」は、国府故地が荘園の倉敷地となり佳字「吉」を当てたとする説、「暮らしよい町」の「くらしよし」の転訛とする説、岩倉の「倉」と住吉(神社)の「吉」を採ったとする説(不詳)などがある。「白金の湯」で知られる「関金温泉」、商家の町並みや白壁の土蔵が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する