修正依頼



下松

くだまつし【山口県】


[下松]
南北朝期には見える地名、周防国都濃郡「下松」。推古天皇の頃、百済から琳聖太子が来朝した時に北辰星が青柳浦のかなえの松に降臨したとする伝承に因み、「降松」が「下松」に転じたとする説がある。また、岩山の松の下を船が下るの意とする説、百済との交易港の意・「百済津(くだらつ)」からという説もあるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する