修正依頼



北広島

きたひろしまちょう【広島県】


[北広島]
2005年、山県郡千代田町、芸北町、大朝町、豊平町の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、協議会での投票により決定した町名。町名は、広島市の北に位置することに因む。「広島」は、太田川河口の広い三角州名「広シマ」が、毛利開城の際に「広島」となったとする説、戦国時代に毛利輝元が太田川河口に築城の際、毛利氏の祖である大江広元の「広」と、当地の豪族福島某の「島」から「広島城」とし、のち地名となったとする説などがある。なお、他の候補には「芸州」・「青央」・「万徳院」などがあった。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する