修正依頼



邑南

おおなんちょう【島根県】


[邑南]
平安時代後期、荘園「久永荘(ひさながしょう)」があった地。2004年、石見町、瑞穂町、羽須美村の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、協議会の投票により決定した町名。他の候補には、「伸和」・「石南」「和(なごみ)」などがあった。「邑南」は邑智郡の南部の意。『古くから三町村の地域全体を表す名称として親しまれているとともに、「邑」には、小さな都、人の多く集まるところの意味があり、「南」には人情温かく産物が豊かに実り、和やかで将来に夢と希望を与える明るいイメージがあることから決定した。』という。⇒「邑智郡」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する