修正依頼



大竹

おおたけし【広島県】


[大竹]
古代、遠管郷(おかのさと)と呼ばれた地。安芸・周防国境に位置し、古代山陽道の安芸の国の終駅。近世、小瀬川の良水に恵まれ和紙産業で発展。「大竹」は、古くは「大滝」とも書き、「おおたき」ともいった。また、「横竹」とも書いた。竹の自生地とする説、大竹川(現・木野川)の名による説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する