修正依頼



雲南

うんなんし【島根県】


[雲南]
弥生時代の遺跡・加茂岩倉遺跡が残る地、たたら製鉄の中心地。2004年、大原郡大東町・加茂町・木次町、飯石郡三刀屋町・吉田村・掛合町の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、協議会にて従来から使用されていた呼称でもあった「雲南」に決定。「雲南」は、旧出雲国の南部地域(現・出雲市の東南部)に位置することに由来する。他の候補には「奥出雲」・「南雲」・「さくら」などがあった。「出雲国」は、島根県東部の旧国名。「和名抄」は「以豆毛(いずも)」と訓じている。「いずも」は、「出雲国風土記」では八束水臣津野命が「八雲立つ」といったことによるとする。また、「イヅクモ(出雲)」の略とする説、崖地に臨む土地・「イ(接頭語)・ツモ(端。ツマの転)」の義とする説、地形が海に突き出ているところとする説、「イヅ(厳)・クモ(雲)」からとする説ほか、諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する