修正依頼



井原

いばらし【岡山県】


[井原]
江戸期、山陽道の宿駅として発展。1953年、市制施行。室町期には見える「井原庄」。「茨(いばら)が多かった土地」とする説、伏流水が多く「井戸水が湧く原」とする説などがある、また大字「猪原(いのはら)」も見えるが。なお、一説に「井原」は、備中国後月(しつき)郡荏原郷故地より発したという説(一説に郡衙推定地)があるが、はっきりしない。「荏(え)」は荏胡麻(エゴマ)の古名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する