修正依頼



安芸太田

あきおおたちょう【広島県】


[安芸太田]
2004年、山県郡加計町、戸河内町、筒賀村の合併の際、公募結果を踏まえ、協議会の投票により決定した町名。他の候補には「太田川」・「西山県」・「美里」などがあった。「安芸」は、広島県西部の旧国名。古くは阿岐と書き、古代は阿岐国造の領域。「アキ」は、「秋」の意で、物産(木綿・塩・酒など)が多く飽き足ることによる説、豊饒を祈った瑞祥地名とする説、水に因んだ「ワキ(湧く)」や「ハキ(吐く)」の転とする説(不詳)などがある。また、安芸国を開いた安芸津彦命(あきつひこのみこと)の名も見える。「太田」は三町村を流れる太田川に因む。太田川の名称は、南北朝期には見える加計町一帯の太田荘(郷)に由来する。「太田」は「沃土」の意か。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する