修正依頼



榎の実が三俵なっても木は椋

えのみがさんぴょうなってもきはむく


[榎の実が三俵なっても木は椋]
ムクの木のつもりで植えた木が実はエノキであったため、秋になってたくさんのエノキの実が成ったにもかかわらず、あくまでもムクの木だと言い張ること。強情で人の言葉に従わないことのたとえ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する