修正依頼



室戸

むろとし【高知県】


[室戸]
「土佐日記」に登場する室津川の河口の港・室津(むろつ)。太平洋に突出した逆三角の地形、岬・室戸(むろと)岬を擁す。土佐古式捕鯨発祥の地、遠洋マグロ漁業の基地。「和名抄」に見える「室津郷」。「室の戸」(ムロの戸口、村)」の意か、「ムロ」は弘法大師が証悟したと伝えられている岬の洞窟・御厨人窟(みくろど)、「ムロ」(穴ぐら、周りを囲まれた所)の意か(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する