修正依頼



仁淀川

によどがわちょう【高知県】


[仁淀川]
2005年、吾川郡池川町・吾川村、高岡郡仁淀村の合併の際、住民を対象とした公募結果を踏まえ、協議会にて決定した町名。他の候補には「西仁淀」・「茶霧」・「桜」などがあった。当地を流れる仁淀川の川名は、昔朝廷の贄殿(にえどの)に鮎を毎年貢租したことから、贄殿川になり、のち仁淀川に転じたとする説、川の様相が「淀川に似る」ことから「似淀川」と呼ばれたことからとする説などがある。また、古代大神に捧げる酒(神酒。古語でミワ)をここの流水で醸造していたことから「神河」と書き、三輪河(みわがわ)と読み、いつしか二淀川→仁淀川と呼ばれだしたという説もあるという、なお古くは「三淀(みよど)」ともいった。「名野川磐門神楽」、「ひょうたん桜」や「芝桜」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する