修正依頼



奈半利

なはりちょう【高知県】


[奈半利]
奈半利(なはり)川の河口部に開けた地。古くから陸、海路の要衝で、土佐日記には「那波の泊」。近世、良質な魚梁瀬杉の集散地として発展。古くは「和名抄」に見える安芸郡「奈半郷」。室町期には見える荘園名「奈半利荘」。奈半の里、奈半里となり、さらに奈半利となったという(不詳)、「リ」は集落の意・「里」の音読という。「奈半」は田の生(な)る処の意とする説、漁場(なば)の意とする説などがあるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する