修正依頼



仲多度

なかたどぐん【香川県】


[仲多度]
1899年、那珂(なか)郡、多度(たど)郡が合併した際、「仲多度」と改字した合成地名。古代からの郡名「那珂郡」、「和名抄」は讃岐国「奈加(なか)」郡と訓じている。「那賀」・「中」・「仲」とも書いた。郡名は、当郡に隣接する多度郡は当郡から分離したもので、多度郡にある仲村より出た名であるとする説がある。仲村は名義不詳。「ナカ(国の中心)」の意とする説もある。古来からの郡名「多度(たと)郡」、「和名抄」には訓注なし。郡名は、郡内の多度津により出たもので、各地から多くの人々が渡ってくることによるという説がある。⇒「多度津」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する