修正依頼



土佐清水

とさしみずし【高知県】


[土佐清水]
太平洋に突き出した足摺岬を擁し、黒潮の接岸による漁港を中心に発展。1954年、幡多郡清水町、下ノ加江町、三崎町、下川口町の合併の際、近世以来の地名「清水」に高知県の旧国名「土佐」を冠して誕生した市名。「清水」は入江の奥の田畑から「清水」が湧き出ていたことより生じた名称で、室町末期には見える地名。「土佐」は、浦戸(うらど)湾の東岸の土左郡土佐郷から出た名で、海門が狭い意・「ト(門)・サ(狭)」とする説、「遠狭」の国とする説ほか、諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する