修正依頼



東温

とうおんし【愛媛県】


[東温]
2004年、温泉郡重信町、川内町の合併の際、住民を対象にした公募結果を踏まえ、協議会での投票により、古くから温泉郡の東部地域の名称として使用された「東温」に決定。他の候補には「温泉」・「吉井」・「重川」などがあった。「温泉郡」は、古くは「ゆ」と呼び、「湯郡」と書いた。「風土記」には「湯郡」。「和名抄」は「温泉」に伊予国「湯(ゆ)」郡と訓じている。「ゆ」は、「温湯(温泉)の湧出地」からで、万葉歌人・山部赤人、額田王らが来浴したという伊予温湯に因んだという説、「湧水(泉)または川」の意とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する