修正依頼



多度津

たどつちょう【香川県】


[多度津]
古くは、旧・多度郡に属し、海上・陸上交通の要所で郡津があった地。鎌倉期には見える地名「多度津」、江戸期、「多度津村」。「多度」は「多渡」に通じ、「津」は「港」の意で、各地から多くの人々が渡ってくる港という説がある。神功皇后が三韓征伐のとき寄港したという伝承がある。少林寺拳法総本部がある町。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する