修正依頼



高松

たかまつし【香川県】


[高松]
江戸時代、高松藩の城下町、法然寺の門前町として繁栄した仏生山。天正年間に生駒親正が香東郡篦原(のはら)庄玉藻浦に高松城(別名・玉藻城)を築き、地名も高松とした。「高松」は、現在の高松市に属した讃岐国山田郡のうち高松郷の郷名によるとする説があるが、名義不詳。源平合戦の古戦場である屋島を擁し、北嶺の遊鶴亭(ゆうかくてい)からの瀬戸内海の眺望は有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する