修正依頼



宇多津

うたづちょう【香川県】


[宇多津]
古くから物資の積み出しの港として発展、旧・鵜足郡に属した津野郷の地。「宇多津」は鵜足郡の津(港)の意。古くは「鵜足津」・「宇足津」・「歌津」ともある。古代からの郡名「鵜足郡」、「和名抄」は讃岐国「宇多利(うたり)」郡と訓じている。郡名は、当郡の栗熊の酒部黒丸の屋敷に水がなくて困っていたところ、鵜鳥が数十羽集まって地を掘ると清泉が湧き出たことから「鵜にて事足れり」という意による説、「美合村勝浦鵜足明神」によるとする説などがある。かつては日本屈指の「塩の町」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する