修正依頼



湯浅

ゆあさちょう【和歌山県】


[湯浅]
古来より天然の良港湯浅湾に面した海運の要地、熊野街道の宿駅。中世、湯浅荘の地頭湯浅氏の本貫地。初見は「粉河寺縁起」に「紀伊国在田郡湯浅」。それ以前には「温笠」、「由和佐」、「由笠」とも見える。水(ゆ)が浅く広がっていた地とする説、砂地を示す「ユサ」の意とする説などある。また、延喜式に見える「温笠(ゆかさ)」が転訛したとする説があるが、温笠の語源は不明。醤油発祥の地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する