修正依頼



養父

やぶし【兵庫県】


[養父]
農業の神として知られる式内社・養父神社が鎮座する市。江戸時代、山陰街道の交通の要衝。市名は、古くからの郡名「養父郡」から。「和名抄」は但馬国「夜不(やふ)」郡と訓じている。郡の中心であり、平安期には見える養父郷によるが、「やぶ」は、川原近くの竹や小木の生い茂る地を意味する弥生(やぶ)と同義の「藪」に由来する説、または荒れ地の意とする説などがある。滝と森林の景勝地・天滝渓谷や但馬牛のせり市が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する