修正依頼



三宅

みやけちょう【奈良県】


[三宅]
弥生時代から中世の複合遺跡「三河遺跡」がある地、大化以前の朝廷の直轄領・「倭(やまと)屯倉」に比定される、古代の大和国城下郡三宅郷の地で、「屯倉(ミヤケ)の地」の意。万葉集にも詠われた「三宅の原」「三宅道」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する