修正依頼



みさきちょう【大阪府】


[岬]
古くから漁業が盛んで船守神社が鎮座する地。中世、南海道の交通の要衝。1955年、泉南郡淡輪村、深日町、孝子村、多奈川町の合併で誕生した町名。海中に細長く突き出ている陸地の意・「岬」、当地の地形に由来する。茅淳(ちぬ)の海に臨んで淡路島と相対する地、「土佐日記」に登場する「黒崎の松原」。「谷川瓦」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する