修正依頼



姫路

ひめじし【兵庫県】


[姫路]
山陽道から出雲、因幡、但馬の三街道が分岐する交通の要衝。播磨国の国府が置かれた地。室町時代、豪族赤松則村により、姫山に砦が築かれたのが始まりという、世界遺産姫路城(別称・白鷺城)を有す。「姫路」は、姫山の古名「日女道(ひめぢ)丘」が地名になったとされ、「播磨国風土記」では蚕を「ヒメコ」といって、「蚕子落ちし処は、即ち日女道丘と号す」と由来を記している。江戸中期に藩主酒井公が学問を奨励、のちに学者や文人を多数輩出した地でもある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する