修正依頼



東大阪

ひがしおおさかし【大阪府】


[東大阪]
古代、万葉集に詠われた生駒山の西の入江・「草香江」があった地。物部氏の本拠地、南朝方の拠点、河内国守護畠山氏の拠点・若江城。1967年、布施市、河内、枚岡の合併の際、大阪府の東部に位置することに因んで誕生した市名。「大阪」は、室町時代、蓮如上人の御文章に「攝州東成郡生玉之庄内大坂トイウ在所」とあり、「小坂」とも記されている、読みは「オサカ」か。江戸時代までは「大坂」と書き、明治初期頃に「大阪」が定着。傾斜地の義とする説、「大きな坂のある町」という説、「オオ(大)・スカ(低湿地)」とする説などがある。河内木綿が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する