修正依頼



羽曳野

はびきのし【大阪府】


[羽曳野]
大型の前方後円墳が密集する古市古墳群がある地。奈良時代、仏教文化の中心地帯。平安中期、河内源氏の本拠地。1959年、南大阪町が市制施行した際に改称して誕生した市名。最期を遂げた日本武尊が白鳥と化して舞い降りたという白鳥伝説の地・「白鳥神社」の縁起にある「白鳥は舞い上がり、埴生の丘を羽を曳くがごとく飛び立った」とする姿を「羽曳野」の名で表したという。「ぶどう」・「いちじく」の生産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する