修正依頼



西浅井

にしあざいちょう【滋賀県】


[西浅井]
古くは交通の要衝、琵琶湖水運の中継地。町名は、明治中期に属した郡名「西浅井郡」から。1878年、浅井郡が西浅井郡と東浅井郡に分割され誕生。浅井郡の西部の意。古代からの郡名「浅井郡」、「和名抄」は近江国「阿佐井(あさゐ)」郡と訓じている。「阿座胆(あざい)」とも書いた。岡山古墳群などが残る地で、中世、浅井(あざい)氏の領地。古代、琵琶湖の北部にあった「アサ(湿地帯)」とする説がある。また「崖地」の意とする説もあるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する