修正依頼



那智勝浦

なちかつうらちょう【和歌山県】


[那智勝浦]
熊野信仰の聖地・那智山、マグロ延縄の漁業基地・勝浦漁港を有す地。1955年、勝浦町、那智町、宇久井村、色川村の合併により誕生した町名。『那智』は、那智山の山麓を表した語が起源か。「難地」の意とする説、阿陀那智経(古代中国の経典名)にある「那提(ナディー)」(河、江)からとする説、アイヌ語の「水落ちる地」とする説などがある。『勝浦』は、鎌倉期には見える地名で、古くは「かつらうら」とも称し、「葛浦」と書いた。又は単に「葛」とも見え、「かつら」と称されたという。かずらのような長く伸びる地形に因んだという。また、片方が浦となっている地・「片浦」の意とする説、「浦の方」の意とする説などもある。「熊野那智大社」・「紀の松島」・「那智滝」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する