修正依頼



綴喜

つづきぐん【京都府】


[綴喜]
継体天皇が筒城宮(つつきのみや)を定めた地。「続日本記」に「綴喜郡(山本駅)」、「和名抄」は郡名「豆々岐(つゝき)」、郷名「豆々木」と訓じている。古くは「筒木」・「筒城」・「管木」とも表記、「つつきの里」とも呼ばれた。郷名(現・京田辺市普賢寺付近)から発展した郡名か、「山代之大筒木真若王」の名が見える。また、「ツツ(障む、包む)・キ(場所)」で「崖」や「川の曲流する場所、山ひだに包まれた場所」の意とする説もあるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する