修正依頼



千早赤阪

ちはやあかさかむら【大阪府】


[千早赤阪]
修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が修行した金剛山がある地。1956年、千早村と赤阪村が合併して誕生した合成地名。「千早村」は、千早川に並行して千早街道が通じている地で、楠木正成の拠点でもあった地。南北朝時代には見える地名「河内国石川郡千早」。古くは「千波屋」・「茅葉屋」・「千岩屋」・「千剣破」とも記された。「赤阪村」は、南北朝時代から見える地名「河内国石川郡赤坂」。「太平記」には「赤坂山ニ城郭ヲ構ヘ」と記されているが、名義不詳。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する