修正依頼



高取

たかとりちょう【奈良県】


[高取]
古墳時代から飛鳥時代の遺跡が多数ある町。古代、渡来人(今来人)が定着した地。中世、越智氏の勢力圏。町名は、中世に山頂に山城(高取城)が築かれた高取山に由来する。古くは鷹鞭山(たかむちやま)と呼ばれたという。「むち」は「神」に通じ、鷹の神が棲むところの意・.「鷹鞭」→「鷹鳥」→「高取」とする説がある。また、鷹を捕らえる山の意とする説、「タオ(高)・タオ(峠・屹)」が転じた説もあるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する