修正依頼



高市

たかいちぐん【奈良県】


[高市]
仁徳朝期に阿智王が「今来郡(イマキコホリ)」を建てたが、のち「高市郡」と号したという。「日本書紀」にも見える「高市郡」、「和名抄」は大和国「多介知(たけち)」郡と訓じている。「たけち」は、尊称・「タケ(高)・チ(場所を表す接尾語)」の意か、高市皇子(たけちのみこ)に通じるか(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する