修正依頼



太地

たいじちょう【和歌山県】


[太地]
熊野灘に突出する小半島にあり、突き出た鷲ノ巣崎、灯明崎の二股の崎をもつ地形。日本の古式捕鯨発祥の地、「くじらの町」。鎌倉末期には牟婁郡のうち「太地」が見える。南北朝には「泰地」ともある。「太地」は平坦地の意とする説があるが、すっきりしない。「泰地」は泰地氏に由来する(天正年間ごろには泰地城を築城)。なお、捕鯨法を開発した当地の豪族・和田家一族の和田角右衛門頼治が、幕府より「太地」の姓を授かったという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する