修正依頼



曽爾

そにむら【奈良県】


[曽爾]
「古事記」に「宇陀之蘇邇(うだのそに)」、「日本書紀」に「菟田素珥山(うだのそにやま)」とある。「和名抄」に見える「宇陀郡漆部(奴利倍、ぬりべ)郷」に属していたと推定される村。語源は不明、ソネと同根か。屏風岩、鎧岳、兜岳等の岸壁がそびえ立つ奥香落渓、ススキの名所・曽爾高原を有す。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する